teol つながり

teol 内に外につながり あなたとわたしにやさしい暮らしを

コミュニケーションが面倒くさいと感じる繊細な人たちへ

人と関わるのは正直面倒くさいと思っていた。
人が好きなのに。
面倒くさいのに、人と関わり続けるなんて自分が面倒くさいわ!と思っていた。

あなたも面倒くさい気持ちに
なったことはないだろうか。

あなたが人と関わる限り、
少なからず何度か経験があるだろう。

私は人とのコミュニケーションにおいて、
過去にあった『人とうまくいかなかった』
ことの経験から苦手意識があった。
それは何度も何度もしつこいくらいの経験(笑)


〈どんなことがうまくいかなかったと思ったのか〉

それは、
私の思いが意図するように伝わらなかった
ことですれ違いが生まれた。

相手が私の言葉に反応をして、
怒りや悲しみの感情をのせて返してきた。

こんなところだろう。


その結果、
一人になりたい、
閉じ籠りたい、と現実逃避?に走った。


〈何故面倒くさいのだろう〉
繰り返す場面には、私の埋もれてしまった
見えない大切な何かが隠れている。

私の奥底を辿った。
そして、こんなことが分かった。

私は相手に、わたしの思い通りの反応を
してほしかったのだ。
つまり、相手を思い通りに
コントロールしたかった。

それは何のために?

私は相手に自分の言葉で矢をさし、
傷つけて悲しませる、
怒らせると思っていた。

それが嫌だと感じていた。

さらには、相手が怒ること、悲しむことで
自分が相手の感情の影響を受けて
傷つくのが怖いと思っていた。

自分が相手に影響を与えると思い込み、
そして、
相手に傷つけられると思い込んでいる。


だから、
『面倒くさい』という言葉で
ただただ自分を逃がして守りたかったのだ。

ようやく分かると、
私は自分の縛りから解かれたようだった。


ああ、そんな自分はよくがんばったなあ。
ここまで私が私らしく生きてきたのは、
そんな自分がいて、
自分を守っていたからだ。
ありがとう。


強固になった癖は何度も出てきそうになり、
うまく自分に大丈夫だと言い聞かし
俯瞰できこともあれば、
どかーんと癖を発揮することもある。

ただ、どちらも自分であり
善悪をつけるものではないのだとも知った。
そうやって積み重ねていけばいい。


そして、相手もまた
私の中に自身の恐れを見ている。

相手にも相手の大切な感情がある。
怒りや悲しみは誰にでもあり、
表にだしてもいいのだ。

怒りや悲しみ、のような
マイナスとよばれる感情を否定していたのも
私だった。


私は私をゆるすことで
他者をゆるすのだと
ようやくつながったのだった。

長らく自分のなかで伏せていたものに光を当てると清々しい気持ちになる。

そして、同じような場面を経験して、
例えそれがどんな形の結果になろうとも
客観視が少しずつできるようになり、
ずいぶん楽になってきた。

結果にコミットするのか?
わたしにコミットするのか?
でかなりちがう。

意識の向け方やエネルギーの使い方が変化することで、
そこだけに留まることはなくなるのだから。


感覚が繊細でエネルギーを感じやすい人ほど、
私の話が自分のことのように
思えるのではないかと思う。

繊細さは弱い自分の言い訳にもできるし、
感受性の豊かさを発揮できる強みにもなる。

どちらで使うかは自分次第なのだから。
そして、どちらを使っても良いのだと知ろう。