自分事と他人事の「間」

「感じる」ってわたしは大切な感覚だと
思っています.
でも,その感じ方にも繊細な距離感って
あると思うのです.

例えば,「痛み」を感じるときに,
その痛いという感覚にどっぷり浸かってしまうと抜け出せなくなりませんか?

好きな動画を見ていたら感じないのに,
ふとその「痛み」の個所にピントを合わせると「痛い」を感じる.
脳がもうそれを感じにいってしまう.

足を切断された方で
切断されたはずの足が痛むことがあります.
それを幻肢痛と言います.
科学的には説明が難しくても
その人にとってその「痛み」は存在する.

美学者の伊藤亜紗さんが対談の中で
幻肢痛を持つ方について.
《「私は手が痛い」って言っている間は痛い.でも,「私の幻肢がとっても腫れたがってる」みたいな語りでそれを捉えるとき,
 そこ痛みの感じ方がかわってくる.》
と話されていました.

この自分の身体への観方は
とても的を得ている表現だなあと思います.
自分事にしすぎずに,他人事にもせず,
その「間」.

わたしの例で言うと
氣功(ちょっと違いますがこではそう
表現しておきます)
のワークの最中に歯の痛みが激しくなり
鎮痛剤が効かず,痛みとの距離をとることに必死な時がありました.

ちょっと変わったワークで
雑念を振りきり今に集中するようなワーク
でしたので・・・

その時
「なんでこんな痛いのにやってるんだ?」
とか
「いや,それならやめたらいいでしょ.
自分がやりたくてやってるんやん」
とか雑念だらけで
どろどろした自分の感情も
出てきて自分と掛け合い対話みたいに
なったんです.

そうしたら,先ほどの方と同じように
自分の「歯」を「口腔」を「痛がっている」みたいな感覚になって.

それから,痛みに飲み込まれなくなって
今の自分に集中したら
何も考えられなくなり,痛みから抜けて
すべてが抜けた放心状態になったわけです.

もちろん,痛みを我慢する必要はなく
生きていくうえで痛みを我慢する必要はないです.
緩和したり鎮痛することは必要です.

でも,マニアックな方,自分の探求がお好きな方は感覚のサインが出ているときは,
自分を知るチャンスです.
是非その感覚の奥にある自分を
探求してみてください.
新しい世界の扉が開けるかもしれません.
知らんけど.

逆に言えば,
感覚なんてどうとでも「感じられる」し
「感じなくなる」という不確かさを
もっています.

わたしの歯の痛みもしばらくしたら
やっぱり激しく痛みだして
歯医者さんに駆け込みましたので.

結局は,
自分が必要なときにどっぷり感じて
自分を守るために感じにくくしたり
しています.

これは身体だけではなくて
パートナーシップや人間関係全般に
言えること.

共感しすぎて自分事になりすぎると
相手に振り回されて
他人事にしてしまえば,
無関心のまま刺激をシャットダウン.

どちらにしても,揺れたまま戻れないと
しんどそうです.
だからこそ,その隙間のような「間」
の存在を知って,
自分が心地よい場所をしっておく.

固定して動かないのは,
それはそれで変な力みが入り
エネルギーを使い果たしてしまう.

揺れて変化するのが人間なので,
どちらに揺れて動いても
そこに戻ってこれるようにすると
生きやすくなるのではないかと思うのです.

そのために,自分の感覚を素直に受け取り
自分の動きを知ることは
大切だと日々感じています.

TEOLつながり

TEOLつながりは 「わたしたちはどう生きたいのか、どう死にたいのか」 十人十色の「自分」という存在の美しさ 「いのち」がある今の喜びを探求し表現するための 情報やサービスをお届けするメディアです。 自分とまわりの環境とのつながりの中で 安寧を感じ幸福な状態を指す スピリチュアル・ウェルビーイング思想を基軸として 答えのない問いから 一人ひとり違う生き方を見つめるヒントを お届けします。