Profile

はぎのあきこ(Akiko Hagino)

フリーライター/ウェルビーイング思想家


▫️interview / writing

自分とまわりの環境とのつながりの中で、安寧を感じ幸福な状態を指すspiritual well-being思想を基軸として、「わたしたちはどう生きたいのか、どう死にたいのか」という正解のない問いを探究するため、独自のスタイルで取材・執筆している。

看護師として人の死に触れ、「いのち」に直面してきた経験や最愛の祖父母の死からの学びから自分の生き方、在り方を見つめ直すことが今の活動を始めるきっかけとなっている。

取材や発信のテーマは、十人十色の「自分」という存在の美しさ、「いのち」がある今の喜びを伝えている。

情熱をもって「いのち」を尊重し生きている人への取材を2024年より自身のウェブサイトにて掲載スタート。

▫️education

《人間関係論》の授業を担当。
また、基礎看護学/在宅看護学を中心に看護技術演習授業や臨地実習指導を行う。

自己理解を中心に、「生きるとはたらく」「人生のマネジメント」など、はたらき方について「自分を知る」ことで生きる力を育み、考える講義を得意としている。

《主な実施大学》
京都光華女子大学/園田女子大学/神戸女子大学/兵庫県立大学/神戸常盤大学/西神看護専門学校

《主な研究実績》
2005年 臨地実習フィールドと大学の連携システムの構築(共同研究)
2005年 訪問看護ステーションにおける災害対策マニュアル作成の取り組み(共同研究)
2005年 地域で生活する障害児・者の自律を支援する看護プログラムの開発(共同研究)
2017年 「死に場所難民」到来に備えて在宅医療・在宅看取りの問題点を探る(共同研究)
2024年 コロナ禍における訪問看護師のmental/spiritual well-being(修士論文)


▫️クリニックの広報/アドバイザー

人の暮らしに根付いた地域医療を担うクリニックの広報を担当。
ビジョンを共有し、活動が地域貢献につながるようSNS運用や広報活動、アドバイザーとして活動中。

▫️イベントの企画/主催/運営

セミナーやワークショップ、交流イベントなど多様な人と人が触れあう場作りを実施。


このように多様な場で、さまざまな役割をもってはたらく、パラレルワーカーとして活動中。

 

SNS


TEOLつながり

TEOLつながりは 「わたしたちはどう生きたいのか、 どう死にたいのか」 十人十色の「自分」という存在の美しさ 「いのち」がある今の喜びを 探求し表現するための情報を お届けするメディアです。 自分とまわりの環境とのつながりの中で 安寧を感じ幸福な状態を指す スピリチュアル・ウェルビーイング思想を 基軸として、答えのない問いから 一人ひとり違う生き方を見つめるヒントを お届けします。