彩りある人生を創造する ソライロノタネ

自分が自分らしく生きることに正直でいたい。自分はもう幸せであると、今ここに在るものに気づき、大切にすること。日々丁寧に受け取ること。外側に答えや解決策を求めるのはやめて自分の内側にある答えを問い続けること。それらの大切さに気づき、ともに喜び、豊かさの循環と人や環境、暮らしの調和でつながる方々との出会いを大切に活動しています。

ママとこどもたちのふれ合いタッチ

5月11日に開催したタッチケア体験教室に3組の親子さんにお集まりいただきました😊

みんな一歳をすぎたこどもたちです。


最初は、ママのそばを離れずじーっと固まっていた子も、
なかなか苦手で◯◯をしませんとママが言ってた子も、

ママとふれ合い、
体をつかって、
体と心の緊張を緩和していくと・・・


表情が緩み、
ママから一歩ずつ離れて動き出しました。
体がが緩むと普段はしない動作も見られるようになります。

ママの手の温かさ
ママが見つめてくれる目
それを感じて、こどもたちは安心安全を感じます。

そして、探索行動を始められるのです。


知的好奇心に満ち溢れたこの時期に、五感を使うことがとても大切です。

また、自分の体がどこに何がついてて、
どうやって動かすのか、
それを体を使った遊びの中から身に付けていきます。

お母さんに触れてもらいながら、
からだに意識をむけ、

自分で動かして、
失敗を繰り返しながら、
効率的に動くコントロールの仕方を学びます。


小さな頃から、
知識のつめこみの早期教育ではなく、
人間の発達の土台をつくるための
ていねいな教育的かかわりが必要です。

ただ、マッサージをする。

それだけでは、もったいない。

ママたちのこどもの見つめる目を育み、そして子どもを『育てていく』こと。

どう見ていけばいいの?
どうかかわっていくの?

そんなことを考える第一歩になればいいなと思います。
ママにたくさん触れてもらって
たくさん体を動かしたら
ぐっすり熟睡。

かわいい寝顔です。


みなさん、ありがとうございました。
素敵な時間を過ごせましたことをお礼申し上げます。

また、皆さんからのご感想もお伝えしていきますね。