Teol つながり

あなたとわたし 暮らしに心地よさとやさしさを。 心地よい内と外の環境をととのえ、 いのちを表現して健康に生きる。

PROFILE

teolつながり 
代表 萩野 亜樹子(はぎの あきこ)


看護大学卒業後、看護師として病院で消化器・乳腺一般外科病棟勤務。死という終わりある生命に直面しながら、人間という存在、いのちについて深く考えた時期でした。


京都にある私立大学の看護学部立ち上げに1年間基礎・成人看護学助手として勤務。学生さんの純粋さに触れ改めて看護とは、教育とは、、と試行錯誤しました。研究活動の一環として、訪問看護における外出支援を一緒に取り組めた経験もまた、後々の私の人生につながるものでした。


結婚と同時に中国(蘇州・上海)での生活をはじめる。語学留学を経て様々な国の友人と中国語で交流。初めて言語というものは、学ぶものでなく使うものだと知りました。異文化の中でカルチャーショックを受けながら、価値観が新しくなっていくことを体験しました。


出産後は自分以外で守りたい存在ができたことにより、中国での生活は楽しむばかりではありませんでした。不安と恐怖の方が大きかったかもしれません。ノイローゼ気味になりつつ、毎日必死に子育てをしていました。

だれも助けてくれない、私だけが子供たちを守れるのだと思っていたのだと思います。

家族みんなが病気や怪我を繰り返し、息子が重症となり現地の病院で入院し命が助かったことをきっさけに7年の中国生活を終わりを告げ、日本に帰国しました。



帰国後は訪問看護師、訪問診療看護師として看護に復帰しました。仕事に没頭し、心身ともに疲れていく自分が分からないまま毎日を過ごしました。

そんなある日、娘の『学校にいきたくない』という叫びを聞き、私が娘とというより、自分自身と向き合うようになってから人生の歯車が大きく変わりだしました。

それまで、蓋をしてきた感情や見て見ぬふりをしてきた現実に少しずつ目を向けるようになったのです。あくまで、恐々、少しずつ、、


人間の発達、成長、そして、ふつうって何?ゆ興味を持ち、発達を学びました。赤ちゃんの脳と認知、運動発達から発達障害とよばれる子達や成人についてまでをがむしゃらに学び、実践するべく発達教室開校。

赤ちゃんから中学生まで、タッチケアや粗大運動から微細運動までを取り入れ、脳の神経回路をつないでいく随意運動を中心に個人事業主として活動を拡大しました。また、同時に保健師の資格を使い新生児訪問や乳幼児健診にかかわりました。


目を合わせられなかった子がじっと目をみつめてくれるようになったり、常に突進して止まれなかった子がじっと体にくっついてきて優しく触れられるようになったり、自分以外の他者に興味がなかった子が友達と映画やスポーツをしに遊びにいくようになったり、好きな子ができたと話してくれるようになったり、スケジュール表を持ち確認しなければ出かけられなかった子がそんなものなくても家族で遠出の旅行に行けるようになったり、お医者さんが恐怖で病院に行けなかった子がいつのまにか付き添いなしで自ら診察室に入れるようになったり、、、


あげたらきりがないくらい、子どもたちがそのままで生きることの喜びや美しさを教えてくれました。


また、発達支援で子供たちと接する中、目の困りを実感していた頃、わが子がまぶしいと感じていることが分かり、遠視だと知ってからカラーレンズを研究されていた発達する眼鏡(後のイノチグラス)に出会いました。

イノチグラスの目育士となり活動開始。

目と脳と意識のつながりを感じる検眼、自分の在り方、人とかかわる在り方を学び現在の私につながっています。


発達支援教室や目育士の活動で、自分の在り方が大きく変わったことで、周囲が変わることを体験しました。


何より夫との関係性が変化し家庭に無関心で仕事ばかりで家に帰ってこないと思っていた人でしたが、今では夕食をほぼ毎日作ってくれて家族と一緒に過ごしてくれる夫になりました。

以前は問題ばかり見えて、将来がとてつもなく不安だった娘も、今では私よりも芯が強く、この人なら大丈夫という安心感があるのです。

病気がちだった息子もめったに体を崩すことなく、体力は相当なものになりました。



わたしは、私自身の体験から、観るべきものはすべて自分の内面なのだと知りました。

外側の現実は結果でしかありません。結果を変えよう、外側の他者や現実を変えようとしても苦しくつらいものでした。それは、自分が自分自身を見ずに外側のせいにしているだけで、自分はちっとも満たされてはいなかったからです。


ただ、現実に生きている人間にとって見えない内面が見える外側とはつながりにくいということもまた、私自身の体験としてよく分かりました。


自分への信頼がなければ、見えるものにばかり影響を受けて本来の自分の内側とのつながりがもてなくなるため、迷いあてもなく探すのです。それ自体が悪いわけではありませんでした。

私はその体験をしたかったのですから。

それも今の自分につながる大切な過程でした。


自分自身が自分という人間の存在を観て、感じて、表現できるよう解放していくこと。

自分の首を絞める手をほどくのは自分しかいません。

自己基盤を築き、他者とのつながりの中で選択決定を繰り返すことで創造し生きること。


これらを大切にして、私の経験からご縁のあるかたとお話する機会をいただいています。

これまで培ってきた人とのコミュニケーション、対話を強みに、その方が自分は自分でいいのだと解放されていく、人間という生命体の成長に没頭し、目の前でみれることに喜びを感じています。